檻の中、私は淫らに壊される。のネタバレ&感想 鬼畜兄弟どうにかして!

【檻の中、私は淫らに壊される。】

 

今すぐ無料試し読みする!
▼ ▽ ▼
「鬼畜兄弟どうにかして!」
▼▽▼
画像をタップ

檻の中、私は淫らに壊される。のあらすじ

 

今回の漫画は、

孤児院から引き取られ兄弟ができたと思ったら

兄弟の愛玩具にされてしまうお話です。

  詳  細
タイトル 檻の中、私は淫らに壊される。
作 者 はながたみあや
電子書籍サイト Renta!
配信巻 全25巻完結

檻の中、私は淫らに壊される。のネタバレ

 

主人公の詩織は、孤児院育ちの女の子。

ある日、施設長に呼ばれて行くと

詩織を引き取りたいと

一人の男性が待っていた。

 

 

その男性は、

昔詩織と同じ孤児院で育った久遠だった。

 

久遠は、お金持ちのお屋敷で働く身であり、

そのお金持ちである「櫛笥」という人の命令により、

詩織を迎えに来たのだった。

 

 

久遠自身も、

詩織を引き取ることを

知らされていなかったために

施設長に向けて

「引き取るのがこの子とは私は聞いていません」と否定する。

 

ですが、施設長は、

一週間のおためしにと、

結局詩織を櫛笥さんの家に向かわせてしまう。

 

兄弟となる二人がとんでもない鬼畜だった!?

 

 

着いた先の大きなお屋敷を前に

圧倒してしまう詩織。

 

久遠に連れられ

屋敷に住む人との対面した。

 

が、詩織の目の前に映ったのは、

裸の男性二人が一人の女性を犯しているところだった。

 

 

その衝撃的な出来事に

へたり込んでしまう詩織の前に、

この家の主である父親の櫛笥さんがやってきた。

 

 

息子二人を紹介されて、

詩織をこの家族の一員と迎えるものの、

久遠は家族ではなく「執事」

と扱うことへの戸惑いを感じてしまう。

 

なんとか自室に着いた詩織。

そんな詩織のもとに来たのは、楓賀。

 

柔和に話しかけてきた楓賀は、

詩織に薬を使い、

ベッドに押し倒すとともに、

キスと詩織の初体験を奪ってしまう・・・

 

鬼畜楓賀を見てみるなら⇒「檻の中、私は淫らに壊される。」コチラ!

 

檻の中、私は淫らに壊される。の感想

 

キャラクターひとりひとりがみんなイケメンであり、

主人公の詩織ちゃんも凄くかわいい子なので、

見ていて「あ、かわいいまんが」だと思ってしまいました。

 

絵自体もきれいなイラストです。

 

櫛笥家にいる、

二人のキャラクターひとりひとりがみんな独特な個性豊かで魅力的♡

 

また、執事の久遠さんの詩織ちゃんに向ける発言

ドキドキしてしまいます。(*´∀`*)

 

本当に、強引なかついろんなイケメンキャラが多いので、

こういったのが好きな女性にはオススメな作品だと思いますよ!

 

もっとドキドキしたいならこちら!⇒檻の中、私は淫らに壊される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です