お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室でのネタバレ感想

今回の漫画は、

いつもは優しい先生が、

私にだけドSに豹変してエッチなことされちゃう

というお話です。

 

【お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室で】

今すぐ無料試し読みする!
▼ ▽ ▼
「勉強?教えてやるよ。俺の愛撫に我慢できたらね」
▼▽▼
画像をタップ

お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室での内容

  詳  細
タイトル お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室で
作 者 ゆずしを
電子書籍サイト  Renta!
配信巻 1~5巻配信中

お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室でのネタバレ

 

―これはよくある恋人同士の愛の営み、

もしくは、ビジネスライクな体だけの関係、

ならばよかったのだが、問題なのは―

 

 

「…もう挿れるぞ」

 

「やっ、だめぇ、先生―」

 

 

主人公・沙織の担任は、化学教師の中島。

中島は、イケメンで高身長、

優しくて授業もわかりやすいと完璧で、

女子に大人気。

 

 

沙織は、急に決まった父の転勤で、

唯一受け入れてくれた今の進学校に転校してきた。

 

 

しかし、沙織は、勉強が超がつくほど苦手。

 

 

「年明けには受験もあるし、なんとかしないとやばいよなあ」

 

勉強を習いにきただけなのに、イカされちゃった!?

 

ある日、沙織は、

中島に勉強を教えてもらう為、化学準備室を訪ねる。

 

妙に様子のおかしい中島に、沙織は

 

「何隠してるんですかーっ」

 

 

彼の足元のゴミ箱には、

さっき女子からもらっていたお菓子が。

 

 

「もしや私、よくないもの見ちゃった…?」

 

 

戸惑う沙織に、中島は

「教えてほしいところあるんだっけ?」と近づく。

 

 

「いいよ、教えてあげる」

 

 

沙織にいきなりキスする中島。

 

 

「我慢できたら、ね」

 

 

「はあああああ!?」

 

 

沙織は逃げようとするが、

腕をつかまれ、再びキスされる。

 

 

 

舌を絡められ、力が入らず抵抗できない。

 

 

沙織のブラウスのボタンを外し、

ブラをはだける中島。

 

 

「お前、胸ないなあ」

 

 

人を呼ぶという沙織に、中島は

「この姿見られたいの?だったら大声出してもいいけど」

 

 

中島は、スカートの中に手を入れてくる。

 

 

「ずるい…こんな…」

 

 

「ほら…こことか気持ちいい?」

 

 

沙織のクリをいじり、

オマ○コの中を指で責める中島。

 

 

「も…もう駄目…っ」

 

 

沙織は、中島にイカされてしまう。

 

 

「あのさ、俺、ガキは嫌いなんだよね」

 

 

皆が自分に勝手なイメージを持っていると話す中島。

 

 

「お前みたいに、素の俺を知ってる奴が学園内にいるのも面白いかもなあ」

 

もっと読みたいならコチラ⇒お願いしなきゃイカせてやんない

 

 お願いしなきゃイカせてやんない〜イジワル教師と保健室での感想

 

ドSに豹変した中島先生が、エッチなイジワルを♡

 

化学準備室だけでなく、

タイトル通り保健室でもあんなことやこんなことを!

 

なんてエロいシチュエーションなんでしょう♡

 

 

明るく優しい彼、ドSな彼、勉強を教える真剣彼と、

クルクル変わる中島の表情にも注目です。

 

中島が沙織にだけ素を見せたのはなぜなんだろう。

 

気になりますね(*´艸`*)

 

ドS教師に攻められたいならコチラ⇒お願いしなきゃイカせてやんない

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です